スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3/20・19:50開始】​経済産業省 原子力安全・保安​院 記者会見


・3/20 19:50 原子力安全保安院 記者会見 3号機情報を抜粋 (視聴にはログインが必要です)
【3/20・19:50開始】​経済産業省 原子力安全・保安​院 記者会見


・ドライベントは実施されなかったと答えている。(おそらく、実施しなかった× できなかった○)
・時間15:00~3号機の燃料がプルサーマルであることを危惧する質問
・ウェットベントとドライベントをどうやって見分けている?(25:00) 
⇒西山、不明瞭な回答。放出されたものを核種分析するとか??
・3号機の話題が全体的に少ない印象。記者が何を聞いても「わからない」「判断できない」。

【3/20・16:10開始】東京電力本店から『原発』に関する記者会見


・3号機の圧力降下措置について~ (視聴にはログインが必要です)
【3/20・16:10開始】東京電力本店から『原発』に関する記者会見


東京電力「ただちに圧力放出を行う予定はない」
20日16時のこの会見ではベント作業は延期と発表。

主※原子炉パラメータを見るとこのときすでに圧力は下降している。

東京電力「圧力が昨日の夜から340(0.34MPa)に上昇。いまは310(0.31MPa)に降下。安定してきている
※1気圧≒0.1MPa 

記者「2時間ドライベントの準備をしながら中止?」
この質問に対し、東京電力は議論をはぐらかす回答。

東京電力「3号機で去年の9月(2010/9)からMOX燃料を使用
主※3号機がMOX燃料であることを東京電力はこのときはじめて認めた。

【3/20・12:30開始】​経済産業省 原子力安全・保安​院 記者会見


・3号機圧力・温度急上昇の発表 (視聴にはログインが必要です)
【3/20・12:30開始】​経済産業省 原子力安全・保安​院 記者会見 (1:30:00~)


以下、西山=西山英彦 大臣官房審議官(経済産業省)、青木=青木一哉 統括安全審査官、主※=主のコメント

西山「3号機の格納容器内圧力を下げるため、配管から水を通さずに放射性物質を含む気体を放出することになった。通常は水によって気体を冷やし、体積を減らして放出するが、やむを得ない措置と聞いている(1:38頃)」
西山「20日午前3:40、3号機、ハイパーレスキュー隊放水終了。」 

主※後にこの放水が圧力上昇につながったと東京電力が発表。炉の温度が300度以上だったため、
水蒸気が充満したと予想される。圧力上昇があっても20日、3号機への放水および冷却作業なかった
その事実が圧力上昇に水が関与した可能性を裏付けている。

続きを読む

About radioactive cloud which polluted 3/21 Kashiwa-shi (Tokyo)

About radioactive cloud which polluted 3/21 Kashiwa-shi (Tokyo)

0. Introduction:
  The radioactive cloud which was observed on March 15th and 21st. The Fukushima Plant caused meltdown on March 11, and two radioactive clouds were observed in Tokyo a few days later. As follows, the details about the radioactive cloud landed at Kashiwa-shi in "Tokyo".

降下物 神奈川3月21日
Fig. 1 Environmental radiation result of a measurement
A big radiation dose is observed on 15th and 21st.


1. Comparison of the radioactive sediment of 3/15 and 3/21

・ What kind of radioactive material came?
  A very big peak was observed on 15th (Fig.1). However, if anything, radiological Cesium, Iodine enlivening the world (news, TV) including the vegetables pollution have more 21st. It is found that the main ingredients were Xenon (Xe-133) on 15th, on the other hand, Cesium (Cs-134,137) and Iodine (I-131,132) on 21st. These two are totally different phenomena.

日本分析センター
Fig.2 Nuclide analysis by JCAC in Japan

  Xenon-133 is rare gas, and there is characteristic having a low energy. Therefore even the radioisotope examination "Lung Ventilation Scintigraphy" of the hospital is used.

  Because the main ingredients are Xenon-133, and it is considered that it was hardly absorbed in the human body, as for the radioactive cloud which came on 15th, it may be said that the quantity of civic radiation exposure was relatively minimal. However, as for the radioactive cloud on March 21st, the ingredient changed completely, and it is considered that the nuclide had easily the characteristics accumulating on the human body and the land.

  The radioactive cloud of this 21st wholly polluted the Kanto (Tokyo) area, and it caused the pollution of lands and vegetables, and it is thought that I bring unknown influence to the human body from now on.



2. What happened in 3/21?


Observation
・The radioactive cloud which appeared in the Tokai-mura neighborhood at 4:00 a.m. on March 21
  The radioactive cloud (following, "Cloud") observed in the vicinity of Tokai-mura at 4:00 a.m. , moved southwest (Fig.3). In the Fukushima first Nuclear Power Plant at this time, strong wind blows to the southeastern direction, and it is considered that "Cloud" detours around the sea and invaded in Ibaraki. A low pressure front came close then from the west, and the wind blew southwest so that it was breathed in. Because the movement speed of "Cloud" is almost the same as the observed wind velocity in those days, it is expected that the movement course of "Cloud" follows the direction of the wind (Fig.4).

東海村ひたちなか市3月21日観測

Fig.3 Observation of the radioactive cloud (Reference GIF), making: Institute of Physical and Chemical Research Nishina accelerator research center exclusive duty researcher "Kenta Itabashi" http://ag.riken.jp/u/mon/show.cgi?2011-03)


茨城県風向き2  降雨マップ3月21日茨城2

Fig.4 (the left) The direction of the wind at 5:00~7:00  (the right) the precipitation at 4:00~8:00. The low pressure with the rain cloud comes close from the west, and the wind changes southwest; the wind velocity is an average of 3-5m, but 7m/s recorded by local point data. Reference: tenki.jp


Consideration about the movement speed of "Cloud"
  After the Mito-shi passage, "Cloud" moved to the south at 20-30km/h. It is thought Mito-shi ~ Hokota-shi to have gone southwest. Therefore I plotted the space dose rate in the various places in Kanto at that time to a graph and considered the movement course.

  Fig.5 is a graph drawn by the pursuit of SC (Sudden Commencement) in each measurement point from Onuma-cho in Hitachi-shi. According to Fig.5, the first rise have been observed in Onuma at 3:20 a.m., gradually spreaded to Tokai-mura, Mito, Hokota, Tsukuba-shi. This is regarded as the result that "Cloud" was transmitted. A momentary rise is observed in Hokota-shi. It is thought that a nucleus (or center) of "Cloud" passed this and decreases after the passage (refer to simple illustration and Appendix-1). Rises more than double are seen after the passage of "Cloud" at all measurement points.

移動速度(English) ibaraki_map.jpg

Fig.5 Plot (Onuma-cho in Hitachi ~ Tsukuba-shi, 21st from 0:00 to 10:00 AM) of each ground space dose rate. The arrival time: At Onuma, Hitachi-shi 3:20 at Tokai-mura 4:00 at Hitachinaka-shi (Katsuta) 4:10, southern Mito-shi 4:30, Hokota-shi 4:30.

KEK3月21日

Appendix-2. Space dose rate (gammma-ray) by Tsukuba-shi KEK (High Energy Accelerator Research Organization). After sudden rise on March 21st, it is found to gradually decrease for a long term. This is why the radioactive material decreased by half-life.



3. Where did "Cloud" which toward the south land?

Consideration about the landing place
  Fig.6 shows the relationship between the rise in space dose rate and the precipitation. According to Fig.6, the rise by "Cloud" continues being very steep, on the other hand, the rise caused by the rain is relatively slow. A dose rate also rises with the rain of 8:00 a.m. widely to Fukushima - Yokohama, but it is thought that the radioactivity nucleus collected in the sky was dropped by the rain.

  The increase of dose rate caused by the rain is seen by the everyday rain. The most causes is mostly Radon (Rn, or Bi-214). Most of the radioactive material does not deposit in this case, and "No Problem".

空間線量率と降水量(仮)

Fig.6 Difference between radioactive cloud and rise caused by the rain. It is found that the radiation dose of each place increases by the rain of 8:00 a.m.



Fall point consideration
  Judging from a conclusion, the radioactive cloud fall to the Kashiwa-shi neighborhood caused by the rain. At first, because "Cloud" moved at 20-30km per an hour according to the chain plot, if it placed at Tsukuba-shi at 7:00 a.m., it is thought that the sky on Toride - Kashiwa-shi at the time of the rain at 8:00 a.m. (Tsukuba-shi - Kashiwa-shi:Distance approximately 30km). Then "Cloud" clashed with the rain cloud which came from the west (Fig.7), and it is thought that it was dropped afterwards by the rain. Probably the radioactivity that "a nucleus of Cloud" dropped around Kashiwa-shi - Toride by the rain should be huge.

  The predictive orbit of "Cloud" accords with a pollution area (Toride neighborhood) which Ibaraki measured recently. This is why the bomb of the radioactivity cloud impacted on March 21. Actually, the space dose rate around Kashiwa-shi is called a "hotspot" with 0.2 - 0.5μSv/h (less than 0.1 in the others). This fact is checked by many citizens now.


まとめ2

Fig.7 Orbit and impacted bomb point of "Cloud"
"Cloud" drew the orbit such as sidewinder (AIM-9x),
and collided with a rain cloud (low pressure from west).
There was right on Kashiwa-shi at that time.



茨城県測定5月11日

Appendix-3 Ibaraki space dose rate map (May 11, 2011)
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110526_01/index.html



osen_map_20110626124003.jpg

Appendix-4 Map of space dose rate made by volunteers
A dose rate is relatively high in Kashiwa-shi, Abiko-shi, Toride-shi area.



4. Where did the "Cloud" come from? What is the cause?

3/20 7:00 0.3MPa
 In the 3rd unit of the Fukushima first, the internal pressure of pressure vessel soars to 0.3MPa, afterwards, withdraw to atmospheric pressure (0.1MPa) rapidly.

20・21日3号機圧力4

  The Japanese authorities stated "what thought that it leaked from somewhere that pressure did not go up was natural" about a reactor pressure vessel (RPV) of the Fukushima first Nuclear Power Plant 2nd and 3rd unit at a press conference of 29th, and mentioned the possibility that RPV was damaged.




(作成中) Figも英語用に変更中 現在作業40%

3/21 守谷市・柏市周辺を汚染した放射能プルームについて

0.イントロ: 3月15日と21日に観測された放射能雲

 福島第一がメルトダウンを起こして数日後、二つの放射能雲(以下、プルーム)が東京にて観測された。以下はその現象の詳細と、放射能雲がどこに着地したかについての考察。

降下物神奈川3月21日
Fig. 1 環境放射線測定結果 <測定場所:新宿百人町、横須賀泊局>
15日と21日に大きな放射線量が観測されている。
参考:(左)原子力ニュース。nu , (右)美浜の会


1.15日と21日の放射性堆積物の比較

・どんな放射性物質が来たか?
 Fig.1から15日は非常に大きなピークを観測していることがわかる。しかし野菜汚染など世間をにぎわせている放射性物質のセシウム、ヨウ素はどちらかと言うとピークが小さい21日の方が多い。実際核種分析してみると、15日はキセノンXe-133、21日はセシウムやヨウ素が主成分だったことがわかっている(Fig.2)。

日本分析センター
Fig. 2 日本分析センター による核種分析結果
<測定場所:千葉市稲毛区>

 キセノンは希ガスであり、半減期も短く、エネルギーも低い特徴がある。そのため病院の核医学検査(呼吸検査)でも使用されるほどである。参考:肺換気シンチグラム⇒ http://halibm.digi2.jp/Xenon.htm

 15日に到来した放射能雲はその内容がキセノンであり、ほとんど人体に吸収されなかったと考えられるため、市民の被ばく量は比較的軽微だったと言える。しかし3月21日の放射能雲はその成分がガラリと変わり、セシウム・ヨウ素など、人体や土地に堆積しやすい核種が大量に飛来していた。この21日の放射能雲は関東一帯を汚染し、いま話題の汚染野菜の原因となっているほか、これから人体へ未知なる影響をもたらすことが考えられる。



2.3/21に何が起こったのか

観測
・3月21日午前4:00 東海村近辺に現れた放射能雲
 午前4時、東海村付近で観測されたプルームは南西に移動した(Fig.3)。このときの福島第一は南東方向に強い風が吹いており、プルームは海を迂回して茨城県内へ侵入したものと見られる。このとき西から低気圧が接近しており、風は吸い込まれるように南西に吹いていた(Fig.4)。プルームの移動速度は当時観測された風速に近いため、その移動方向も風向きに準じている。

東海村ひたちなか市3月21日観測
Fig. 3 巨大放射能雲の観測 
参考:http://www.chitaro.com/src/chitaro1526.gif_VpumIIAC3MgHrfI8LrEG/chitaro1526.gif
(作成:理化学研究所仁科加速器研究センター専任研究員
板橋健太 様 http://ag.riken.jp/u/mon/show.cgi?2011-03


茨城県風向き2  降雨マップ3月21日茨城2
Fig. 4 (左)5時~7時の風向き、(右)4時~8時の降水量
雨雲を伴う低気圧が西から接近、風(地表)は南西に変化し、風速は平均3~5m/s
を観測した。風速については局所的なデータで7m/sを記録している。参考:tenki.jp


移動速度考察
・水戸市通過後、南へ時速20~30km/hで移動
 観測されたプルームは水戸~鉾田市を通過後、南西に向かったと思われる。そこで関東各地でのそのときの空間線量率をグラフにプロットし、その移動方向について考察した。

 Fig.5は日立市の大沼から各地線量率の上昇を追跡したグラフである。午前3時20分に大沼で観測された上昇が東海村、水戸、鉾田、つくば市へ伝播していることがわかる。これはプルームが伝播された結果と考えられる。鉾田市などでは瞬間的な上昇が観測されている。これはプルームの「核」が通過したと考えられ、通過後は減少している(簡易説明図および補足Fig.1を参照)。しかしどの地点でも通過後は倍以上の上昇が見られる。よってこの放射能雲は「核部」を有し、各地に放射能をばら撒きながら通過したものと考えられる。

移動速度
Fig. 5 各地空間線量率のプロット(日立大沼~つくば市、21日0時~10時)
到達時刻: 日立市大沼 3:20、東海村 4:00、ひたちなか市(勝田) 4:10、
水戸市南部(茨城町) 4:30、鉾田市 4:30、つくば市産総研 6:00~7:00

KEK3月21日
補足Fig. 1 つくば市KEK による21日の空間線量率(γ線)
21日以降、長期間にわたって徐々に減少している。そのためこれは
堆積した放射性物質が半減期によって減少したものと考えられる。



3.南へ行ったプルームはどこに着地したか?

着地場所についての考察
・空間線量率の上昇と降雨の関係
 Fig.6は空間線量率の上昇と降水量の関係を示している。これによればプルームによる上昇は非常に急峻である一方、降雨による上昇は比較的緩やかである。午前8時の降雨と同時に線量率が福島~横浜まで広く上昇しているが、これはプルーム通過後、上空に溜まっていた放射能が降雨によって一気に落とされたものと考える。降雨による増加は日常の降雨でも見られる。そのほとんどの原因はラドン(ビスマス214)であり、降下した放射性物質はほとんど堆積しない(補足Fig. 2)。
    空間線量率と降水量(仮)
Fig. 6 放射能雲と降雨による上昇の違い
午前8時の降雨によって各地の放射線量が増加していることがわかる。


ビスマスと雨量
補足Fig. 2 ビスマスBi-214のγ線と降水量の関係について
図中赤線がBi-214、下の青線が降水量。
上空にある放射能は降雨によって落とされたと推測できる。
(図:財団法人日本分析センター)


落下ポイント考察
・放射能雲の進路、降雨による柏付近への落下
 Fig.7のチェーンプロット(左上)によればプルームは午前7時につくば市に到達しているので、時速20~30kmで移動したことを考えると、午前8時の降雨時には取手~柏の上空にあったと考えられる(つくば市~柏:距離およそ30km)。そうするとFig.7のように西からきた雨雲と衝突し、その後降雨によって落とされたと考えられる。おそらく柏~取手周辺には降雨によって落とされたプルームの「核」になった放射能が大量にあるはずである。

 実際、柏市周辺の空間線量率は0.2~0.5μSv/hと比較的高めで、ホットスポットと呼ばれている。多くの一般市民によってこの事実は確かめられた。また茨城県が最近測定した資料(補足Fig.3)において、汚染地域とプルームの予測軌道は一致している。この理由は3月21日プルームの着弾によるものと考えられる。

まとめ2
Fig. 7 プルームの軌道と着弾点
サイドワインダー(AIM-9x) のような軌道を描き、西から到来した雨雲(低気圧)と衝突


茨城県測定5月11日
補足Fig. 3 茨城県全域 空間線量率マップ 平成23年5月11日
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110526_01/index.html


jdiaryB10401-radiation-map-2011-0427.jpg
補足Fig. 4 有志によって作られた空間線量率のマップ
柏・我孫子・取手方面は相対的に線量率が高い。

最新の調査結果(Google mapに市役所の調査結果を表示したもの) 
⇒ 守谷市・柏市・我孫子市周辺の空間線量率 を表示


東京
補足Fig. 5 日本共産党による東京の線量マップ
これによれば3/21のプルームは世田谷区以西には届いていない。


4.役所は至急調査せよ

 このプルームの「核」となった放射能は何か。おそらくまだ未公表のストロンチウムSr-90(およびイットリウムY-90)はその候補の一つだろう。チェルノブイリ事故ではストロンチウム90 5.55 kBq/m3以上で汚染区域と判断された。イットリウムはストロンチウムが壊変してできる娘核種だが、そのβ線は2.3MeVの高エネルギーであり、人体への影響が危惧される危険な核種である。

・21日午前4時~8時の危険性
 ストロンチウムのほか、セシウムのような沈着しやすい放射性物質が空気中を大量に汚染したため、午前4時~8時に外出していた人々の健康が危惧される。降雨による放射性物質の降下では、放射能は地面に落ちるし、人も好きで雨に打たれる人はいないので雨に濡れる人も少なく、よって被ばくは軽微だったと思われる。しかし降雨前、いつもと同じように新聞配達をしていた労働者、物資輸送や開店準備で朝早い出勤をしていた方は違う。空気中から放射性物質を吸入した可能性が高い。

 さらに最近「メルトダウン」「格納容器破損」について東電は認めている。この放射能雲の発生にはいまだに謎が多いけれども、格納容器内の放射性物質が混入してる可能性が大いにあるわけだ。核分裂生成物の中でもサマリウムSm、ランタンLa、ポロニウムPoなどは特に危険性が高い。それらはロシアスパイ暗殺にも使われたことがある。⇒ リトビネンコ暗殺事件

 以上のことを考えると、3/21の放射能雲が着弾した柏・取手・守谷・龍ヶ崎・稲敷の各市町村は早急にそれを人が吸入した可能性について検討すべきであり、土壌汚染検査などを行ってその核種分析を実施すべきである。




続きを読む

プロフィール

kenken

Author:kenken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。